立体映像一覧

「アバター(3D)」感想(ネタバレなし)

とはいえ、「タイタニック」(1997年)から既に10年以上が経過しているうえに、発表されたポスターには不気味な青い色をしたキャラクター、あまり興味をそそられない入口がそこにはあった。しかし、それでも劇場へ足を運びたいと思ったのは、この映画が、「3D」つまり立体映像で上映される映画だったからである。