「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」感想(ネタバレなし)

シリーズ最長のボリュームで描かれる新三部作の2作目

※ジャケット画像はAmazonリンクを使用しています。

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」とは

アメリカで制作された2017年の映画である。日本公開は2017年12月15日。

原題は「STAR WARS: THE LAST JEDI」

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で監督を務めたJ・J・エイブラムスは製作総指揮にまわり、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」では、ライアン・ジョンソンが監督を務める。

ちなみに、脚本もライアン・ジョンソン監督である。

キャストは、フォースの覚醒に引き続き、デイジー・リドリー(レイ)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、フィン(ジョン・ボイエガ)、ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)
そして、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)

なお、キャリー・フィッシャーは2016年に亡くなったので、本作が遺作となる(?)

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」序盤のあらすじ

ファースト・オーダー最高指導者スヌークは、銀河を掌握するべく進行を続ける。

ルーク・スカイウォーカーの復帰を信じるレイア・オーガナ将軍率いるレジスタンスは、ファースト・オーダーの艦隊と交戦する。

レジスタンスのパイロット、ポー・ダメロンは、BB-8と共にXウイングで出撃するが、レイア・オーガナ将軍の命令を無視して攻撃を続行する―。

一方、ルーク・スカイウォーカーの元にやって来たレイは、彼にライトセーバーを差し出すのだった―。

前田邦彦の感想

スポンサーリンク

2015年に、スター・ウォーズ新三部作の1作目である「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開された。

翌2016年に、スピンオフの「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を挟んで、先日ついに新三部作の2作目である「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が公開された。

全世界的に熱狂的なファンを持つスター・ウォーズの続編を楽しみにしていた方も多いだろう。

本作のサブタイトル最後のジェダイも意味深である。

そもそも最後のジェダイとは、前作フォースの覚醒のオープニング・ロール(スター・ウォーズ恒例の文字が遠ざかっていく黄色い字幕)でも語られているように、ルーク・スカイウォーカーのことを指している。

しかし、それなら新3部作の主人公であるレイは…?

さて、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、とにかく長い。

本編がシリーズ最長152分。入場してから本編が始まる前の予告編などを合わせると、3時間近く座っていることになる。

そのため、個人的には正直言って冗長と感じる部分もあった。

しかし、ファンにとっては、スター・ウォーズの世界にそれだけ長時間どっぷり浸かることが出来るので良いのだろうと思う。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は新3部作の2作目にあたる。

映画では、3部作の2作目は傑作になるという法則がある。

なぜか?

それは映画の構造が大きく関係している。

1作目は、キャラクターや世界観を観客に説明する時間が必要である。

そして、3作目は完結編として、物語をまとめる必要がある。

中間の2作目は、基本的にそれらの制約がないために、全編面白い部分で構成することが可能になるのだ。

ストーリーは、大まかに3つのパートに別れる。

レイア・オーガナ将軍が率いて、ポー・ダメロンが所属するレジスタンス、
レイとルーク・スカイウォーカー、そしてカイロ・レン、
そして、作戦のためにハッカーを探すフィンとローズ、
である。

それぞれのパートがボリュームたっぷり作られていて、スター・ウォーズの過去作から予想出来て思わずニヤリとする部分と、なるほどそう来たかと新たに驚く部分のバランスも良い。

とくに「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、なぜルーク・スカイウォーカーが表舞台から姿を消したのかという謎が解明するので、決して見逃せないストーリーになっている。

さらに、終盤の惑星クレイトのシークエンスは、個人的にはまったくの予想外、かなり熱い展開が待っているので、ぜひ実際にご確認いただきたい。

さて、個人的には、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」の、映像が素晴らしいことを評価したい。

前作「フォースの覚醒」では、J・J・エイブラムス監督が、CGを控えめにし、実際のセットで撮影するなど、とにかく旧作(ルーク3部作)に、テイストを寄せてきた。

これは、以前に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」感想で言及した通り、熱狂的なスター・ウォーズファンに対して、紛れもなくこれがスター・ウォーズの新作だとアピールするための手続きであり、避けて通れない道であったと思う。

しかし、旧作に寄せて、実際のセットで着ぐるみを使ったアクションシーンを展開されても、現在の映画的な水準から見ると、ハッキリ言ってチープ。

スター・ウォーズのような作品でCGを制限することは、イマジネーションの表現を狭める足かせになりかねない。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、現在の映画表現のスタンダードとも言える、表現するべきところで最適な手法を選択する、という当たり前の部分がきちんとクリアされている。

そのため、全編に渡ってスター・ウォーズらしさは守りつつも、さらに世界観を拡げる映像を提供してくれているのだ。

これは、3部作本筋の間にスピンオフを挟み、なおかつ先日この3部作以降の新作の噂の入ってきたスター・ウォーズにとって必要なことと言える。

そして、予告編でも観ることの出来る、赤い地面の上に白い塩が積り、独特の景観を持つ惑星クレイト

この赤と白が、そのまま「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のポスターに採用されたと思われるのだが、よくこのアイデアを思い付いたなと感心することしきり。

そして、映画を観終わったあとに再び予告編を確認すると、これがまた良く出来てる。

けっこう最後の方のシーンを盛り込みつつも、ネタバレすることなく本編への期待を高める作りになっていて素晴らしい。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、個人的には、ここで明かされるであろうと思われた謎が未解決のままになっていたり、次のエピソード9への期待が膨らむ内容だと思う。

新3部作の完結編である次のエピソード9で、物語はどう終焉を迎えるのか楽しみである。

なお、エピソード9は、来年2018年に公開される、若き日のハン・ソロを描いたスピンオフ「ハン・ソロ(SOLO : A STAR WARS STORY)」を挟んで2019年に公開予定である。

さらに先日、ディズニーは、この新3部作のあと、さらに別のスター・ウォーズ3部作を作る予定があることを発表したばかりである。

スター・ウォーズは、もう終わらないのかもしれない(笑)

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」感想漫画コマ1

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」感想漫画コマ2

宇宙船を出せ!

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」感想漫画コマ3

誰?