アクション一覧

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」感想(ネタバレなし)

【シリーズ最長のボリュームで描かれる新三部作の2作目】本作のサブタイトル最後のジェダイも意味深である。 そもそも最後のジェダイとは、前作フォースの覚醒のオープニング・ロール(スター・ウォーズ恒例の文字が遠ざかっていく黄色い字幕)でも語られているように、ルーク・スカイウォーカーのことを指している―。

「ドクター・ストレンジ」感想(ネタバレなし)

【マトリックス以降、もっとも革新的な映像】「ドクター・ストレンジ」のストーリーは、さほど難しくない。しかし、その斬新な映像を使って表現される世界観、さらには修行の末にヒーローになったドクター・ストレンジの能力など、説明が難しい要素がある。それを、映像を駆使して分かりやすく説明しているのは特筆に値すると思う。

「インフェルノ」感想(ネタバレなし)

【シリーズから遠ざかっていた人も楽しめる】小説家の中には、自身の作品が映像化されると、それをフィードバックして映像化に適したストーリーを書けるようになるタイプの人がいると思う。 そのため、「インフェルノ」は、まず「ミステリーの地の部分」が抜群に面白い。

「スター・トレック BEYOND」感想(ネタバレなし)

【安易な路線変更が好調な流れにブレーキをかける】「スター・トレック BEYOND」は、ストーリーは悪くない。社会世相を反映した内容(敵)はスター・トレックの伝統である。各キャラクターの見せ場もある。今だからこそできる映像も良い。音楽も素晴らしい。と、良くまとまっている。でも、ぶっちゃけ面白くないのだ。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」感想(ネタバレなし)

【今後のアベンジャーズを楽しむうえで外せない1本】しかし、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は、今後のアベンジャーズを楽しむうえで外せない重要な作品になっている。というのも、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の真価が発揮されるのは、むしろラストのシークエンスであると言って良い。

「X-MEN:アポカリプス」感想(ネタバレなし)

【新3部作完結編にして第1作目に繋がる物語】X-MENの秀逸なところは、ミュータントというマイノリティ(社会的少数者)と、普通の人間というマジョリティ(社会的多数者)の対立が、そのまま設定の根幹を成しているところ。つまり、スーパーヒーロー問題がそのまま設定の中心になっているため、改めて議論する必要がない。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」感想(ネタバレあり考察)

【どうしてもスーパーマンをリブートしたかった理由とは】「マン・オブ・スティール」は、当然「ジャスティス・リーグ」の展開を視野に入れていた。それは、本作「バットマン vs スーパーマン」の冒頭から、「マン・オブ・スティール」の最後の闘いをブルース・ウェイン=バットマン視点のカットで用意していることで明らか。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」感想(ネタバレなし)

【スター・ウォーズ続編という難題に挑む】僕個人の思いとしては、アナキン3部作で、ヨーダは人形であるべきとか言い出すようなファンには閉口するばかりであるが、とはいえ、スター・ウォーズという作品で、ルーカスでない人間が監督をする以上、J・J・エイブラムスのこの判断は正しいと思う。

「ミッションインポッシブル ローグ・ネイション」感想(ネタバレなし)

【最高傑作を受けての原点回帰】さて、今回の「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」だが、個人的には作るのが大変だったろうな、と思う。というのも前作「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」がここまでの最高傑作として高いハードルになっていたからである。

「ジュラシック・ワールド」感想(ネタバレなし)

【生まれ変わった「ジュラシック・パーク」から垣間見える続編の成功法則】映像、キャスティング、脚本、音楽、すべてが高い水準でまとまっている本作だが、僕が「ジュラシック・ワールド」を観て、一番に考えたことは、最近の映画作品、とくにリブートや続編の成功法則について、であった。 その成功法則とは…

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」感想(ネタバレなし)

【もっともリブートが望まれたシリーズ、新起動!】というわけで、最近のリブートブームにもれず、ターミネーターも今度こそリブート作品の仲間入り。これが正解だろう。だって続けようがないがないんだから。「ターミネーター:新起動/ジェニシス」は最初から3部作を予定しており、本作が、その第1段となる。

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」感想(ネタバレなし)

【壮絶なるマッチポンプを素直な心で楽しむべし】さて、アベンジャーズの問題点は、やはり「アベンジャーズが強すぎる」ということだろう。そもそも一人ひとりが世界を救えるヒーローを集めたスーパーチームがアベンジャーズなのだ。そのため、アベンジャーズに対峙する敵を用意するだけでも大変だと思う。

「トゥモローランド」感想(ネタバレなし)

【地球の未来のために、考え、行動することをやめてはいけない(ド直球)】まず、最初に言っておきたいのが、この「トゥモローランド」は子供向けの作品である。そういった意味では、「トゥモローランド」は文句の付け所がない。狙ったところに的確に良いボールが来ている作品と言える。

「アメリカン・スナイパー」感想(ネタバレなし)

【現代の価値観そのものを問う骨太の作品】最初に技術的な面から考察すると、「アメリカン・スナイパー」は、映画としての完成度が極めて高いと思う。主人公クリス・カイルはスナイパー(狙撃手)なので、その作戦行動は主に長距離狙撃である。そもそもスナイパーとはどんなことをするのか?

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」感想(ネタバレなし)

【新たな創世を経た「猿の惑星の夜明け」】序盤から圧倒されるのは、シーザーをリーダーとする類人猿の狩りのシーンの迫力である。巨大な樹木が立ち並ぶ森の中で縦横無尽に狩りを行う類人猿のVFXは、観るだけで単純にこれはスゴイと唸ってしまう素晴らしさ。