SF一覧

【メッセージ】感想【84点】

【時間、過去、未来、この映画がルイーズの記憶そのもの】映画「メッセージ」は、難しい。 では、どこが難しいのだろうか?それは映画の根底に流れる「概念の理解が難しい」のである。 しかし、その概念さえ分かれば、「メッセージ」の演出まですべて理解できることになる。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」感想(ネタバレなし)

【シリーズ最長のボリュームで描かれる新三部作の2作目】本作のサブタイトル最後のジェダイも意味深である。 そもそも最後のジェダイとは、前作フォースの覚醒のオープニング・ロール(スター・ウォーズ恒例の文字が遠ざかっていく黄色い字幕)でも語られているように、ルーク・スカイウォーカーのことを指している―。

【パッセンジャー】感想【77点】

【独創的なアイデアが天才的】映画もたくさん観ていると、似たような話やアイデアに遭遇する。 今まで観た映画は1000本を超えている僕でも、ごくまれに、「こんなアイデアがあったのか!」と驚く映画がある。 それが本作「パッセンジャー」だ。その素晴らしいアイデアを含めて、ネタバレで解説したい。

「スター・トレック BEYOND」感想(ネタバレなし)

【安易な路線変更が好調な流れにブレーキをかける】「スター・トレック BEYOND」は、ストーリーは悪くない。社会世相を反映した内容(敵)はスター・トレックの伝統である。各キャラクターの見せ場もある。今だからこそできる映像も良い。音楽も素晴らしい。と、良くまとまっている。でも、ぶっちゃけ面白くないのだ。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」感想(ネタバレなし)

【今後のアベンジャーズを楽しむうえで外せない1本】しかし、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は、今後のアベンジャーズを楽しむうえで外せない重要な作品になっている。というのも、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の真価が発揮されるのは、むしろラストのシークエンスであると言って良い。

「X-MEN:アポカリプス」感想(ネタバレなし)

【新3部作完結編にして第1作目に繋がる物語】X-MENの秀逸なところは、ミュータントというマイノリティ(社会的少数者)と、普通の人間というマジョリティ(社会的多数者)の対立が、そのまま設定の根幹を成しているところ。つまり、スーパーヒーロー問題がそのまま設定の中心になっているため、改めて議論する必要がない。

「オデッセイ」感想(ネタバレなし)

【火星映画は科学的調査の発展によってアップデートされる】ハードSFとはSFの中でも、科学的知見や科学的描写の正確なものを指す。そこで描かれる内容は、理論上可能なアイデアが中心となり、現在の技術の延長線上にあるものだ。つまり、現在、それだけ人類の火星に対する知見が、その確度を増しているということである。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」感想(ネタバレなし)

【スター・ウォーズ続編という難題に挑む】僕個人の思いとしては、アナキン3部作で、ヨーダは人形であるべきとか言い出すようなファンには閉口するばかりであるが、とはいえ、スター・ウォーズという作品で、ルーカスでない人間が監督をする以上、J・J・エイブラムスのこの判断は正しいと思う。

「ジュラシック・ワールド」感想(ネタバレなし)

【生まれ変わった「ジュラシック・パーク」から垣間見える続編の成功法則】映像、キャスティング、脚本、音楽、すべてが高い水準でまとまっている本作だが、僕が「ジュラシック・ワールド」を観て、一番に考えたことは、最近の映画作品、とくにリブートや続編の成功法則について、であった。 その成功法則とは…

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」感想(ネタバレなし)

【もっともリブートが望まれたシリーズ、新起動!】というわけで、最近のリブートブームにもれず、ターミネーターも今度こそリブート作品の仲間入り。これが正解だろう。だって続けようがないがないんだから。「ターミネーター:新起動/ジェニシス」は最初から3部作を予定しており、本作が、その第1段となる。

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」感想(ネタバレなし)

【壮絶なるマッチポンプを素直な心で楽しむべし】さて、アベンジャーズの問題点は、やはり「アベンジャーズが強すぎる」ということだろう。そもそも一人ひとりが世界を救えるヒーローを集めたスーパーチームがアベンジャーズなのだ。そのため、アベンジャーズに対峙する敵を用意するだけでも大変だと思う。

「トゥモローランド」感想(ネタバレなし)

【地球の未来のために、考え、行動することをやめてはいけない(ド直球)】まず、最初に言っておきたいのが、この「トゥモローランド」は子供向けの作品である。そういった意味では、「トゥモローランド」は文句の付け所がない。狙ったところに的確に良いボールが来ている作品と言える。

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」感想(ネタバレなし)

【新たな創世を経た「猿の惑星の夜明け」】序盤から圧倒されるのは、シーザーをリーダーとする類人猿の狩りのシーンの迫力である。巨大な樹木が立ち並ぶ森の中で縦横無尽に狩りを行う類人猿のVFXは、観るだけで単純にこれはスゴイと唸ってしまう素晴らしさ。

「GODZILLA ゴジラ」感想(ネタバレなし)

【正統的怪獣ディザスター、何よりゴジラ映画として完璧】ハリウッドによるリメイクだが、今回は「ガッジーラ」ではない。「ゴジラ」(by渡辺謙)だ。GODZILLA(1998)が、わりとトンデモな作品であったのを踏まえて、同じ轍を踏むことを避け、日本のファンにも納得できる作品に仕上げている。