「GODZILLA ゴジラ」感想(ネタバレなし)

正統的怪獣ディザスター、何よりゴジラ映画として完璧


※ジャケット画像はAmazonリンクを使用しています。

映画「GODZILLA ゴジラ」(原題:GODZILLA)の字幕版を劇場で観てきました!

作業などで観るのが先延ばしになっていたので、ようやく観れた感じです。

お盆をはさみ、遅くなりましたが、レビューです。

注:基本的に以下の感想はネタバレなしの方向で書いています。ただ物語は何でもそうですが、一切予備知識を入れない方が当然楽しいので、その点はご了承ください。

映画「GODZILLA ゴジラ」とは

ご存知日本を代表する怪獣のゴジラをアメリカで映画化したものである。

ハリウッド版ゴジラというと、どうしても避けて通れないのが、ローランド・エメリッヒ監督による「GODZILLA(1998)」であるが、本作「ゴジラ GODZILLA(2014)」はそちらとは関係ない。

序盤のあらすじ

芹沢猪四郎博士は、「何か」を追っていた。フィリピンの炭鉱下にぽっかりと空いた穴からはその存在を伺わせる痕跡があった。

一方、富士山の見える日本の都市、ジャンジラにて原発事故が発生。そこに勤務するジョー・ブロディはその事故で最愛の妻を亡くしてしまう。

その事故から15年後。フォード・ブロディ大尉は、事故以来疎遠になっていた父のジョー・ブロディが日本にて警察に拘束されたとの報せをアメリカで受ける。

ジョー・ブロディはジャンジラ原発事故の裏にある真相をずっと追い続けていたのだ…。

前田邦彦の感想

スポンサーリンク

以前「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の感想にて、鉱脈は日本にもあったのだと書いたばかりだが、今回は「ゴジラ」である。

ハリウッドによるリメイクだが、今回は「ガッジーラ」ではない。「ゴジラ」(by渡辺謙)だ。

GODZILLA(1998)が、わりとトンデモな作品であったのを踏まえて、同じ轍を踏むことを避け、日本のファンにも納得できる作品に仕上げている。

ギャレス・エドワーズ監督は非常に良い仕事をしたと思う。

ゴジラの第1作目(1954年版)に登場した芹沢大助博士をイメージした芹沢猪四郎博士に渡辺謙をキャスティングしていることで、日本人の目から観て安心感がある。

渡辺謙や真田広之がハリウッドに進出してくれたおかげで、片言の日本語を喋る俳優が日本人役で登場するガッカリ展開がなくなったのは有難い限りだ。

その芹沢博士を始め、主要人物が有効に機能している脚本が上手い。

特に予告編では上手く隠している部分など、そう来たかと思わせる部分がある。

日本人の目から観ると、日本パートの描写に疑問が残るが、そこに提示されるのは「JANJIRA,JAPAN」という架空の都市である。

震災を経て実際に原発事故を抱える日本の現状を考えれば、この描写で良いのだと思う。

怪獣ディザスターにプロパガンダや必要以上に深淵なメッセージを求めても仕方ない。

だいたい本家ゴジラシリーズにも怪しいストーリーの作品はいくつもある。

上映時間は123分であり、冗長な部分もなくストーリーが展開するので気持ち良い。

さて、ゴジラで避けて通れないのが、ゴジラ自体のデザインだ。

そもそも日本におけるゴジラマニアというのは、各作品毎に微妙に違うゴジラのデザインの違いを愛でるものなのだ。

たとえば「モスラ対ゴジラ」に登場するゴジラを「モスゴジ」、「キングコング対ゴジラ」に登場するゴジラを「キンゴジ」などと呼称し、そのデザイン毎にファンがいるという奥深い世界なのである。

ローランド・エメリッヒ監督によるGODZILLA(1998)に登場するGODZILLAは、クリーチャーのデザインとしては悪くないものの、ゴジラのデザインとしてはいささか乱暴であることは否めない。

それに対して本作に登場するゴジラは、予告編でデブじゃないかという批判もあったものの、文句なしにゴジラのデザインとして素晴らしい出来だ。

実際に映画を観ると分かるが、デブではなくマッチョなのだ。

今回のゴジラは身長が108メートルと、これまでのゴジラの中でも群を抜いて巨大である。

その巨体を支えるデザインのさじ加減でマッチョであるのだろうし、誰が観てもゴジラだなという造形に仕上がっていると思う。

また、その咆哮も往年のゴジラのそれであり、個人的には文句の付け所がない。

むしろゴジラのデザインとしては上位に位置する造形だと思う。

睨みが効いた顔のデザインも含めて非常にカッコイイ。

「GODZILLA ゴジラ」感想イラスト

まさしくゴジラ!

僕は、特撮の表現として、生物の中にクリスマスツリーのように規則的に明滅する電飾が入れられているのが、個人的には嫌いである。

一気に作り物感が増してしまうからだ。

実際に自然界にはカブトクラゲのように規則的に明滅する生物がいるのは知っている。

しかし、それも今日の技術力であれば電飾で表現するのがベストとは思わない。

今回、ある部分で、電飾のような表現が登場したので、おや?と思った。

なぜ今さら電飾?

しかし、これに関してはおそらく意図的にやっているのだと思われる。

なぜなら、別の部分では、素晴らしい表現がなされているし、ハリウッドの技術で、今さら電飾のようなローテクな処理をする必要がないからだ。

そう考えると、この電飾のような表現は、日本の怪獣特撮の様式美ととらえて、あえて再現しているのだろう。

このローテクな感じを、あえて再現しているのであれば、もはや完敗と言うしかない。

日本の怪獣特撮を細部に渡るまで研究し、それをリスペクトした上で昇華しているということだからだ。

今回の「ゴジラ GODZILLA」は怪獣ディザスター、そして何よりゴジラ映画として完璧と言える仕上がりだと思う。

日本人としては、日本のお家芸である柔道で、日本人以外の選手がメダルを取ったような複雑な気持ちがあるものの、この素晴らしいゴジラに対して素直に拍手を送りたい。

「GODZILLA ゴジラ」感想漫画コマ1

1996年 我々は起こしてしまった

「GODZILLA ゴジラ」感想漫画コマ2

怪物の名は―

「GODZILLA ゴジラ」感想漫画コマ3

ピカチュウ

「GODZILLA ゴジラ」感想漫画コマ4

ピカー