「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想(ネタバレなし)

時をかける戦士

※ジャケット画像はAmazonリンクを使用しています。

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(原題:Edge of Tomorrow/Live Die Repeat)の字幕版を劇場で観てきました!

予告編から楽しみにしていただけあって非常に満足しました。

というわけで、早速のレビューです。

注:基本的に以下の感想はネタバレなしの方向で書いています。ただ物語は何でもそうですが、一切予備知識を入れない方が当然楽しいので、その点はご了承ください。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」とは

日本のライトノベル、桜坂洋「All You Need Is Kill」を原作とした、ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ主演のハリウッド映画である。

日本の小説がいきなりハリウッドで映画化されるということは異例のこと。

また「All You Need Is Kill」は小畑健の作画によって漫画化もされている。

僕は原作もマンガ版も未読であるので、原作と映画の違いが分からない状態で劇場に向かった。

序盤のあらすじ

宇宙からの謎の侵略者「ギタイ」の襲撃により壊滅状態に陥った近未来の地球。

主人公のケイジ(トム・クルーズ)は戦場で死んだ次の瞬間、戦場に赴く前の時間に戻っていた…。

同じ日を何度も繰り返すうちに、ケイジは戦場の英雄リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と出会う。

彼女は死ぬ寸前に「目覚めたら私を探して」と言い残すのだった…。

前田邦彦の感想

スポンサーリンク

予告編や序盤のあらすじから分かる通り、本作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は物語の類型的には「ループもの」に分類される。

「ループもの」とは主人公が同じ時間を何度もを繰り返すストーリーである。

特異な設定ではあるものの「ループもの」は人気ジャンルであり、その設定の物語は非常に多い(※1)。

裏を返せば、いろいろなアイデアが出尽くしていて新しい挑戦が難しいジャンルと言える。

本作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は広報を担当していた実戦経験ゼロの主人公ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)が、何故かあれよあれよという間に戦場の最前線に送られるところからスタートする。

正直、ケイジが最前線に送られるのが本作最大の謎だが(笑)、そこは掘っても何も出てこないのでスルーして先に進む。

ポイントはケイジは兵士としてのスキルはゼロであるということ。

謎の侵略者「ギタイ」に対抗するべく開発された「起動スーツ」の武器のセーフティロック解除の方法も分からない有り様で戦場に送り込まれるのだ。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が巧いのは、タイムループのアイデアの核となる部分が、きちんと設定の中に織り込まれていること。

この設定が、ケイジとリタの関係に活きてくるのだ。

起動スーツを着た兵士と「ギタイ」との戦闘シーンも迫力があり、見応えがある。

「ギタイ」は既に地球を壊滅寸前に追い込んでいるほどの戦闘能力であり、それがビジュアルで納得できる恐ろしい動きになっている。

タイムループの設定のために、我々観客も何度も同じ場面を目にすることになるが、その繰り返しの描写、緩急の付け方が巧く飽きさせない。

さらに、そこに仕掛けを入れてくるのに感心させられた。

僕が「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観始めて思ったのが、「なるほど、これはテレビゲームがアイデアの元になっているのか」ということ。

特定のテレビゲームではなく「テレビゲームをプレイすること」が発想の原点だろう。

主人公ケイジは、死というリセットを使い、選択肢を総当りで試すことによって、同じ日を何周もしながら、真のエンディングにたどり着こうとしているのだ。

これはまさしくテレビゲームをプレイしているプレイヤーの視点だ。

最初は実戦経験ゼロのへなちょこ兵士だったケイジが、同じ日を繰り返すことによって超人的な攻撃を繰り出すさまは、昔プレイしたアクションゲームやシューティングゲーム、いわゆる「覚えゲー(※2)」を彷彿させる。

ここまで来るの大変だったろうな、ケイジ。

僕も昔はゲームやり込んだな(遠い目)

ここまで来ると、気になるのはやはり物語の着地点をどう設定しているのかということだ。

そこは是非、自分の目で確かめていただきたい。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は、原作が日本人によるもののためか、我々の感性と親和性が高い作品になっていると思う。

また、そのアイデアをハリウッドの最高水準レベルで映像化されているのが嬉しい限りだ。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観ると、今後、このような形の作品は増えてくるんじゃないかと思える。

鉱脈は日本にもあったのだ。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想イラスト

ゲームは苦行かも

(※1)バック・トゥ・ザ・フューチャー、時をかける少女、未来の想い出、火の鳥・異形編、君といた未来のために、などなど。

(※2)覚えゲー:テレビゲーム攻略にパターンを覚えるという手順は欠かせないが、中でもその傾向が強いもの。