ドラマ一覧

【メッセージ】感想【84点】

【時間、過去、未来、この映画がルイーズの記憶そのもの】映画「メッセージ」は、難しい。 では、どこが難しいのだろうか?それは映画の根底に流れる「概念の理解が難しい」のである。 しかし、その概念さえ分かれば、「メッセージ」の演出まですべて理解できることになる。

【パッセンジャー】感想【77点】

【独創的なアイデアが天才的】映画もたくさん観ていると、似たような話やアイデアに遭遇する。 今まで観た映画は1000本を超えている僕でも、ごくまれに、「こんなアイデアがあったのか!」と驚く映画がある。 それが本作「パッセンジャー」だ。その素晴らしいアイデアを含めて、ネタバレで解説したい。

【君の名は。】感想【72点】

【世界規模でヒットした「古くて新しい組み合わせ」】世間で散々話題になったあと、映画「君の名は。」を観ることができた。最初に言ってしまうと、面白かった。しかし、近い業界のプロからは猛烈に批判を受けているという不思議。そういった部分もあわせて考えてみたい。

「オデッセイ」感想(ネタバレなし)

【火星映画は科学的調査の発展によってアップデートされる】ハードSFとはSFの中でも、科学的知見や科学的描写の正確なものを指す。そこで描かれる内容は、理論上可能なアイデアが中心となり、現在の技術の延長線上にあるものだ。つまり、現在、それだけ人類の火星に対する知見が、その確度を増しているということである。

「アメリカン・スナイパー」感想(ネタバレなし)

【現代の価値観そのものを問う骨太の作品】最初に技術的な面から考察すると、「アメリカン・スナイパー」は、映画としての完成度が極めて高いと思う。主人公クリス・カイルはスナイパー(狙撃手)なので、その作戦行動は主に長距離狙撃である。そもそもスナイパーとはどんなことをするのか?

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」感想(ネタバレなし)

【新たな創世を経た「猿の惑星の夜明け」】序盤から圧倒されるのは、シーザーをリーダーとする類人猿の狩りのシーンの迫力である。巨大な樹木が立ち並ぶ森の中で縦横無尽に狩りを行う類人猿のVFXは、観るだけで単純にこれはスゴイと唸ってしまう素晴らしさ。

「LIFE!」感想(ネタバレなし)

【美しい世界を見よう!】「LIFE!」は物語の類型的には「ボーイ・ミーツ・ガール」に分類される。少年が少女に出会い、恋に落ちることで話が進むのだ。(もちろんウォルターもシェリルも、ボーイでもガールでもないが…)ストーリーは素晴らしいし、25番のネガという謎のひっぱりとその答も素晴らしい。

「ゼロ・グラビティ」感想(ネタバレなし)

【映画が到達した最高峰の作品】「ゼロ・グラビティ」の感想を簡潔にまとめてしまうと、宇宙空間で事故にあった宇宙飛行士が、どう行動したかという話である。上映時間は91分と、映画の平均からは短く、ストーリーらしいストーリーもない。それなのに僕は涙を流して感動した。これは映画が到達した最高峰の作品であるだろうと思う。

「ソーシャル・ネットワーク」感想(ネタバレなし)

【現代のアメリカン・ドリームは、WEB上に存在する】facebook は現在進行中のサービスであり、マーク・ザッカーバーグは現在26歳という若さなので、描かれている物語も有名人の半生といった仰々しい趣きではない。その映画が、現在、各種の賞にノミネートされ、多くの章を受賞し、絶賛されている。なぜか?

「容疑者Xの献身」感想(ネタバレなし)

「容疑者Xの献身」の冒頭は「ガリレオΦ」のラストシーンから始まる。洋上で爆発したクルーザーの謎を、湯川が、これぞ劇場版というべき規模の大掛かりな実験で証明してみせる。実はこの導入部だけが、ドラマ「ガリレオ」の文法に則ったもので、その後は全く別の種類のカタルシスが用意されている…