3D一覧

「スター・トレック BEYOND」感想(ネタバレなし)

【安易な路線変更が好調な流れにブレーキをかける】「スター・トレック BEYOND」は、ストーリーは悪くない。社会世相を反映した内容(敵)はスター・トレックの伝統である。各キャラクターの見せ場もある。今だからこそできる映像も良い。音楽も素晴らしい。と、良くまとまっている。でも、ぶっちゃけ面白くないのだ。

「ジュラシック・ワールド」感想(ネタバレなし)

【生まれ変わった「ジュラシック・パーク」から垣間見える続編の成功法則】映像、キャスティング、脚本、音楽、すべてが高い水準でまとまっている本作だが、僕が「ジュラシック・ワールド」を観て、一番に考えたことは、最近の映画作品、とくにリブートや続編の成功法則について、であった。 その成功法則とは…

「ゼロ・グラビティ」感想(ネタバレなし)

【映画が到達した最高峰の作品】「ゼロ・グラビティ」の感想を簡潔にまとめてしまうと、宇宙空間で事故にあった宇宙飛行士が、どう行動したかという話である。上映時間は91分と、映画の平均からは短く、ストーリーらしいストーリーもない。それなのに僕は涙を流して感動した。これは映画が到達した最高峰の作品であるだろうと思う。

「アバター(3D)」感想(ネタバレなし)

とはいえ、「タイタニック」(1997年)から既に10年以上が経過しているうえに、発表されたポスターには不気味な青い色をしたキャラクター、あまり興味をそそられない入口がそこにはあった。しかし、それでも劇場へ足を運びたいと思ったのは、この映画が、「3D」つまり立体映像で上映される映画だったからである。